バスでの会話の注意

バス車内で注意会話マナー

バス車内の会話のマナーについて

バスの中での会話は場合によっては非常に楽しい物ですが、実は他人にとっては非常に不快な雑音でしかないということもしっかりと心得ておくことが大切です。狭い車内では人間の声は思いのほか大きく聞こえることが多く、締め切った社内では非常に不快な音として響きます。又、運転手のアナウンスや車内のアナウンスなどが聞き取りにくくなってしまうことも有るので、必要最小限にとどめるのがマナーです。さらに、社内では誰かが会話を始めるとつられてみんなが話を始めてしまう事が有り、バスの車内が騒々しくなってしまうこともよくあるものです。社内には寝ている人がいるかもしれないという心構えを持つことが大切です。

騒がしい会話はマナー違反です

バスは、密室ともいえる車内に、大勢の人たちが乗っています。そのため、お互い嫌な気持ちにならないために、ちょっとした心遣いを忘れないようにしたいものです。意外と落とし穴になってしまうのが、親しい人たち同士の会話です。その楽しさに、ついつい声も大きくなってしまいがちですが、他の人たちにとっては聞きたくもないことを聞かされる、どうしようもないマナー違反となります。バスの中では、ボリュームを落とすか、スマートフォンの無料通信アプリなどを使ってやりとりするかしたほうが、大きなトラブルを引き起こさないでしょう。

バス車内マナーの情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © バス車内で注意会話マナー All rights reserved