バスでの飲食の注意

バス車内での飲食マナー

バス乗客に不快な思いをさせない

バスを使った旅は、楽しいものです。四季折々の風景を楽しみながら、移動時間も、車内で比較的自由に過ごすことができます。食べ物や飲み物を持ち込んで、ちょっとしたグルメを満喫している方も多いことでしょうが、飲食におけるマナーは守りたいものです。まず、臭いのきついものは避けましょう。いくら換気されているとはいえ、どうしても気になってしまうものです。また、音を立てて食べたりして、不快な思いをさせるのも禁物です。酔っぱらって、周りに迷惑をかけるなど、もってのほかです。せっかくのバスの旅を台無しにしないために、心掛けていきましょう。

バスの中での飲食はマナー違反

バスの中でパンやお菓子、ジュースなどの飲食をするのはマナー違反になります。誰にも迷惑をかけてないから良いじゃないと思う人も中にはいるでしょうが、それは違います。乗り物は移動するためのものです。ですから食べたり飲んだりする場所ではありません。飲食をしたいのなら、お店か自宅ですませておくのが常識です。バスの中で食べたり飲んだりすれば、食べこぼす人もいます。そうすると不衛生になり見た目も良くありませんので、次に乗ってきた人は不愉快な気持ちになります。お金を払って乗車しているので、公共の乗り物の中では食べたり飲んだりしないようにしましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; バス車内で注意会話マナー All rights reserved