バスで携帯電話を使う

バス車内での電話マナー

バス車内でのマナーについて

バスの車内では携帯電話の電源はマナーモードにしておくか切っておくのが常識です。仮にこういったことを守らない乗客がいた場合、周りは非常に迷惑します。その1つが停留所を告げるアナウンスが聞き取りにくくなります。毎日乗車しているお客さんならあまり問題になりませんが、そのバス路線に初めて乗ったお客さんは戸惑うことになります。また、後ろのお客さんが携帯電話で話すことによって前のお客さんはかなりうるさく感じます。万が一、このようなマナーの悪いお客さんがいれば、運転手さんに言えばアナウンスなどで注意してもらえます。

バスの中での携帯電話のマナー

バスに1人で乗っていると、ついつい携帯をいじってしまいますよね。最近は携帯電話でネットができますので、若い人は特に少しでも時間があれば検索したりしているでしょう。また、電話がかかってきたりすると周りに関係なく大きな声で喋る人もいます。しかしそれはマナー違反なのです。バスに乗っているすべての人がお金を払って乗車しているので、大きな声で喋られるととても不愉快な気持ちになります。また、高齢者はペースメーカーを入れている方もいらっしゃいますので、乗車したらなるべく携帯電話の電源は切ってみんなが快適に乗車できるようにしましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; バス車内で注意会話マナー All rights reserved